膝の痛みにはグルコサミン!老化に負けない体を作ろう

グルコサミンを摂取する理由

グルコサミンはカニの甲羅やエビの殻などに豊富に含まれている成分です。

 

アミノ糖の一種でもあり、人の体内でも生成されています。

 

ですが年を重ねるにつれ、体内で作られるグルコサミンの量は減っていく傾向にあります。

 

そこで外部からグルコサミンを摂取する必要があるのです。

 

どうしてグルコサミンを摂取しなければならないのかというと、間接の軟骨が磨り減ってしまい、関節痛が起こりやすくなるからなのです。

 

グルコサミンには磨り減った間接軟骨を修繕する働きがあり、さらには軟骨自体の強度を上げる効果も確認されているのです。

 

つまりグルコサミンを取ることで軟骨が回復するだけでなく、丈夫な骨を作ることが出来るのです。

 

よってグルコサミンは年を重ねるほど、摂取する必要がある成分といえるのです。

 

しかしグルコサミンが含まれているのはカニやエビなどの甲殻類の殻、それに軟骨などです。

 

これらのものは普段の食事ではなかなか取る機会はありません。

 

というより食事からは必要な量のグルコサミンを摂取できないのが実情なのです。

 

そのためグルコサミンのサプリメントが数多く作られているのです。

 

食事からでは十分な量を摂取できないので、サプリメントでグルコサミンを補うのが賢いやり方と言えるでしょう。

グルコサミン+αで毎日の生活に不安がなくなります

 

大正製薬の大正グルコサミン・コンドロイチン&コラーゲンは、家事や仕事で立ったり座ったりが苦痛になってきた、外出するのが面倒など日常生活に影響が出てきた方に飲んでいたただきたいグルコサミンサプリです。

 

関節痛などに効果があるグルコサミンは加齢とともにどんどん減少していきます。

 

エビやカニの殻に多く含まれていると言われていますが、食事から必要量を摂取する事は難しく不足しがちな栄養素なため、毎日手軽に飲めるサプリメントから摂取する事をオススメします。

 

純度98%以上のグルコサミンを使用している大正グルコサミン・コンドロイチン&コラーゲンには1日の摂取目安量1500mgのグルコサミンが配合され、1日1袋で必要な量が摂取できます。

 

また、グルコサミンだけではなく軟骨成分としてコンドロイチン含有サメ軟骨抽出物440mg、コラーゲンペプチド50mgも一緒に配合され、トリプルパワーでアクティブな毎日を支えます。

 

さらに辛い日々をいたわると言われる驚きの植物デビルズスクローを独自配合し、健やかな毎日へと導きます。

 

利用した方達からは歳のせいかと思って諦めていたのに、飲む度にだんだん元気になってきて毎日が楽しい、製薬会社のサプリメントだから安心して飲めるなど多くの喜びの声が多く届いています。

 

大正グルコサミン・コンドロイチン&コラーゲンで健やかな毎日を取り戻す第一歩を踏み出し下さい。

グルコサミンで膝にアプローチをかける

 

加齢してくると自然に体力が落ちていくので、体を動かす機会が減ってしまいます。

 

体力が落ちるのは避けられないのでそれはしかたのないことですが、あまりにも運動をしないでいるとどんどん弱ってしまいます。

 

体は良くも悪くも普段の日常生活に慣れてしまうものですから、運動をしなければそういう体になっていきます。

 

すると足腰も弱体化してしまい、特に膝が痛くなってきたりもします。

 

運動不足になればそうなってしまうのもしかたがないですが、そのままにしておくわけにもいきません。

 

もっともよいのは運動をすることなのかもしれないですが、運動をしていない状態からいきなりするというのも負荷が大きいです。

 

そこで、まずはグルコサミンをとって膝の状態を整えてみるのが良いです。

 

グルコサミンで膝の状態を整えていけば、比較的痛みを感じにくくなっていきます。

 

そして、ある程度膝の状態を正常に戻したうえで運動を始めていけば、少しずつですが膝が徐々に強化されていきます。

 

そこまですんなりと上手くいくかどうかはやってみないとわからないですが、加齢したらグルコサミンに頼っていくというのはだいぶ一般化してきています。

 

ですので、グルコサミンで膝にアプローチをかけていくのも手段として間違いではないです。